冠婚葬祭で会社を休むときの法律上の規定

親戚や友人の結婚式やお葬式に参列する場合、会社がある日であれば休む必要があります。
特に葬儀などは突然予定が入ることも多いでしょう。
このような冠婚葬祭での休暇について法律ではどのように規定されているのでしょうか。
労働基準法などの労働法では、冠婚葬祭での休暇についての規定は特にありません。
したがって、突然親類の葬儀に出席しなくてはならなくなったとしても、法律上会社には特別休暇を与える義務はないのです。
会社によっては慶弔休暇として日数を定めて休暇を与えていますが、これはその会社が独自に定めたものです。
ですからこのような特別休暇が有給か無給かといったことについても、それぞれの会社が自由に決めることができます。
自分が働いている会社で特別休暇を定めているかどうかは、その会社の就業規則を確認しなくてはなりません。
もし特別休暇に関する規則がない場合には、有給休暇を申請して取得することができます。
働き始めたばかりで有給休暇がまだない場合や、有給を使い切ってしまった場合には、会社に申し出て欠勤扱いにしてもらう必要があります。